私が病気になったら、この名医・病院で診てもらいたい!

スーパードクター(日本の名医).com
presented by hossie
since 2009/11/1
トップへ      

脳動脈瘤治療の超名医 坂井信幸先生
 いざ自分自身や家族が病気になったら、「名医と言われているドクターに診てもらいたい」「有名で診療実績のある病院で治療を受けたい」と思われるのは、当然のことと思います。
 このページでは、脳動脈瘤治療の専門病院として有名な「神戸市立医療センター中央市民病院 坂井信幸先生」に関する情報を紹介しています。

 ※脳動脈瘤対策に関する更に詳しい情報をお探しの方は、こちらをご覧ください。
(スポンサードリンク)


坂井信幸先生のプロフィール・実績等の紹介
(プロフィール)
1984年関西医科大学医学部卒業
1989年関西医科大学助手
1991年米国カリフォルニア大学ロスアンゼルス校研究員
1996年京都大学医学部附属病院医員
1997年京都大学医学部助手
1998年国立循環器病センター
2000年国立循環器病センター医長
2001年神戸市立中央市民病院医長
2003年先端医療センター部長(脳血管内治療科、兼務)
2005年神戸市立医療センター中央市民病院部長
2011年京都大学医学部臨床教授(脳神経外科、兼務)

(実績その他)
 全国から治療困難な患者が集まる脳神経外科のスーパードクターです。

(sponsored link)
 脳動脈瘤に対するステント治療は、坂井先生が日本で初めて取り入れ、他を寄せつけないほど多くの経験を積んでいます。坂井先生はこれまでに6000例以上の脳血管内治療を手がけ、そのスピード・正確性・安定性はずば抜けていると言われています。
 坂井医師の外来を初診で受診するには、かかりつけ医療機関からFAXにて予約が必要です。予約がない場合でも、紹介状や資料を持参すれば、できる限り対応するようにしているようですが、患者数が多すぎて受診できない場合があるため、できるだけ予約を取るのが望ましいです。
 坂井医師の手術・治療を希望する場合、平均1ヶ月程度、待機期間があります。

(これまでの症例数)
 脳血管内治療6000件、そのうち脳動脈瘤塞栓術2000件、脳動静脈奇形塞栓術350件、硬膜動静脈瘻塞栓術400件、頚動脈ステント留置術1200件等。
 ステント治療を得意とする一方、脳動脈瘤の開頭clippingも1000件を超えています。

(参考情報)脳神経外科の名医による最新治療情報はこちら
(病名別ページ「名医の最新治療情報」への直接リンク)
脳腫瘍(グリオーマ) 脳動脈瘤(未破裂) 聴神経腫瘍 脳梗塞
脳内出血 くも膜下出血 成人成長ホルモン分泌不全 パーキンソン病
むずむず脚症候群 頭痛  

(参考リンク)
 ・脳神経外科の名医19人
 ・脳手術に強い病院ランキング(全国)
 ・脳卒中の有名・お薦め病院→ (北海道・東北)(関東)(関西)(中・四国)(中部・北陸・東海)(九州・沖縄
 ・名医navi-Japan(日本の脳神経外科の名医)  

(スポンサードリンク)


『ご留意事項』
・「スーパードクター.com」の情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に整形外科を選択される際には、
 慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

「スーパードクター.com」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。
※ドクターの紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりません。予めご承知置き下さい。

−スーパードクター.com−
COPYRIGHT (C):super-doctor.com. ALL RIGHTS RESERVED.