私が病気になったら、この名医・病院で診てもらいたい!

スーパードクター(日本の名医).com
Last update 2016/7/8
presented by hossie
since 2009/11/1
トップへ      

前立腺がん治療のスーパードクター 伊藤一人先生
 いざ自分自身や家族が病気になったら、「名医と言われているドクターに診てもらいたい」「有名で診療実績のある病院で治療を受けたい」と思われるのは、当然のことと思います。
 このページでは、前立腺がん(前立腺がん)の治療において日本を代表する名医と言われている「群馬大学医学部付属病院前立腺科 伊藤一人先生」に関する情報を紹介しています。

 ※前立腺がんに関する更に詳しい情報をお探しの方は、こちらをご覧ください。
(スポンサードリンク)

   
癌により低下した免疫力をアップさせる物質を発見!
 がんをはじめ多くの病気は、免疫力が低下することによって起こります。東京大学の研究グループが開発した高い免疫活性効果を持つ物質「ブロリコ」をご存知ですか?
 詳しくはこちらを参照下さい。 ⇒ 免疫力を高めてくれるブロリコ  

伊藤一人先生のプロフィール・実績等の紹介
(プロフィール)
1990年群馬大学医学部卒
1990年群馬大学医学部附属病院 医員(研修医)
2002年オランダ・エラスムスメディカルセンター前立腺科研究員
2004年群馬大学大学院医学系研究科前立腺科学講師
2005年群馬大学大学院医学系研究科前立腺科学助教授
2007年群馬大学大学院医学系研究科前立腺科学准教授
日本前立腺科学会専門医・指導医
2004年北関東医学界奨励賞
2006年日本前立腺科学会学会賞受賞
2008年前立腺がん検診ガイドライン作成委員会委員

(実績その他)
 前立腺のスペシャリストとして知られており、2008年9月22日のテレビ東京系列「主治医が見つかる診療所」で紹介され、その名前が一層知られるようになりました。
 当サイト内では、泌尿器がんの名医としても紹介していますが、中でも前立腺の名医としての知名度が大変高いため、このページでも取り上げることにしました。
 伊藤先生の勤務する群馬大学医学部付属病院では、前立腺がんをはじめとして、前立腺肥大症、前立腺炎の診断・治療をおこなっています。
 前立腺がん診断については、前立腺特異抗原(PSA)値・超音波検査・直腸診所見をもとに、年齢と前立腺重量を加味した多数箇所生検によってがんの診断を行っています。
 がんが発見された場合には、MRS(新しい画像診断技術を併用)してより正確な病期診断を行い、個々の病状に合わせて、ホルモン療法、手術、放射線療法を単独、あるいは組み合わせておこなっています。
 同病院には年間約300名の新規前立腺癌患者さんが来院し、患者と医療者で適した治療を検討の上、治療を行います。

(sponsored link)

 前立腺全摘術は尿失禁の少ない、10日以内での短期間入院での治療を目指しています。
 放射線療法は、組織内照射療法(ヨード125密封小線源療法、高線量率小線源療法)が可能な施設であり、今後、重粒子線治療も導入が予定されています。
 切らない治療として、直腸出血などの少ないQOLを保つ治療を目指しており、全身療法としてホルモン療法に加えてタキソテールを中心とした化学療法も積極的に行っています。
 前立腺肥大症治療ではレーザーによる前立腺核出術(HoLEP)を導入しました。
(参考:群馬大学医学部付属病院ホームページ)

(治療に関する考え方・ポリシー)
 〜前立腺がん健診−現状と今後の課題(セミナー)−より抜粋〜
 日本のPSA検診の普及率は低く、前立腺がんの20〜30%は主に骨への転移を伴った状態で発見されます。
 2020年の前立腺がんによる推定死亡率は、2000年の前立腺がん死亡率に対して2.8倍になると予測されています。
 その対策として最も重要なのがPSA検診であり、欧州の無作為化比較対照試験で、PSA検診の前立腺がん死亡率低下効果が証明されたことから、今後はより強く推奨されるがん検診となります。


●前立腺がんに対する抗腫瘍効果が報告されている抗がん漢方薬について
 近年多くのがん患者から感謝の声が寄せられている抗がん漢方薬があります。世界が認めた抗ガン漢方薬! として知られる「天仙液」という漢方薬ですが、「末期がんから生還した」「再発や転移なく7年間が経過した」「ステージVbの食道がんが完治した」といった声が多数寄せられているようです。
 その裏付けとして、日本の試験機関「新薬開発研究所」の臨床試験において、最大94.1%という高い抗がん効果が立証されており、日経新聞や朝日新聞などのマスコミやインターネット等で取り上げられています。他の西洋医薬やサプリメントとの併用も可能です。

●低下した免疫力を高める物質が東京大学の研究グループによって発見されました!
 最近、がんには、私たちの体に本来備わっている「がんと向き合う免疫力」を無力化する「免疫抑制」という働きがあることが分かって来ました。
 これに対し、免疫抑制を取り除くことで、私たちが本来持っている免疫の力が働き、治療効果が高まるという臨床研究の結果も得られるようになって来ました。つまり、免疫抑制を解除し、免疫力を高めることが、がんと闘ううえで非常に大切だと考えられているのです。
 こうした中、東京大学が企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質(成分)を発見しました。ブロッコリーから抽出したこの成分は、ブロリコと名づけられましたが、ブロリコの免疫活性効果は驚くほど高く、メカブフコイダンの約60倍、プロポリスにおいては1000倍以上の活性効果を示しています。
 いま大注目のブロリコですが、その詳しい資料を請求することが出来ます。住所等の簡単な入力のみで、無料で資料が送られてきますので、免疫力のアップに興味のある方は、資料を請求してみてはいかがでしょうか。
 ⇒ ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

●脂肪細胞由来の「アディポネクチン」はがんにも効く!?
 脂肪組織から分泌されるホルモンの「アディポネクチン」が、胃がんに対する「抗がん剤」として有用な可能性があるとの発表が第61回日本消化器外科学会定期学術総会でなされました。
 東京大学腫瘍外科学の北山丈二氏による報告ですが、アディポネクチンはもともと、インスリン感受性の改善や抗動脈硬化作用で注目されているホルモンです。
 北山氏らはまず、健常者52人と胃がん患者75人を対象に、血清中のアディポネクチン濃度を測定。その結果、健常者の平均が13.3ng/mLだったのに対し、胃がん患者では9.1ng/mLと、有意に低下していることが明らかになりました。さらに、進行がん患者ほど、アディポネクチン濃度が大きく低下している傾向がありました。また、進行がん患者ほどアディポネクチン濃度が大きく低下している傾向がありました。
 そこで、腫瘍モデルマウスにアディポネクチンを毎日50μgずつ注入したところ、何も注入しない腫瘍モデルマウスに比べ、1週間後から腫瘍の増加が明らかに抑制される傾向がみられました。最近このアディポネクチンのサプリメントが開発され、話題となっています。詳しくは、⇒ 「アディポネクチン」に注目したサプリメント  

(参考リンク)
 ・前立腺がんの名医一覧〜全国の名医29名を掲載!
 ・がんの完治を目指して最新治療に挑む名医たち 
 ・ステージ4・ステージ3からのがん治療
 ・がんを薬で治す!「抗がん剤・分子標的薬治療の現状」
 ・前立腺がん治療の名医19名
 ・名医navi-Japan(膀胱がんの名医)
(スポンサードリンク)


『ご留意事項』
・「スーパードクター.com」の情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に整形外科を選択される際には、
 慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

「スーパードクター.com」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。
※ドクターの紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりません。予めご承知置き下さい。

−スーパードクター.com−
COPYRIGHT (C):super-doctor.com. ALL RIGHTS RESERVED.