私が病気になったら、この名医・病院で診てもらいたい!

スーパードクター(日本の名医).com
presented by hossie
since 2010/8/14
トップへ      

心臓バイパス手術のゴッドハンド 新浪博士先生
 いざ自分自身や家族が病気になったら、「名医と言われているドクターに診てもらいたい」「有名で診療実績のある病院で治療を受けたい」と思われるのは、当然のことと思います。
 このページでは、心臓バイパス手術において日本を代表するゴッドハンドと言われている「埼玉医科大学国際医療センター 新浪博士先生」に関する情報を紹介しています。

※心臓バイパス手術に関する更に詳しい情報をお探しの方は、こちらをご覧ください。
(スポンサードリンク)


新浪博士先生のプロフィール・実績等の紹介
(プロフィール)
1987年 群馬大学医学部卒
1989年 アメリカ合衆国へ留学
1991年 東京女子医科大学心研循環器外科 助手
1995年 オーストラリアへ留学
1998年 東京女子医科大学心研循環器外科病棟医長
2004年 東京女子医科大学附属第二病院心臓血管外科 助教授
2004年 順天堂大学医学部心臓血管外科 助教授
2007年 埼玉医科大学病院心臓血管外科 教授
2007年 埼玉医科大学国際医療センター 心臓血管外科 教授・運営責任者・臨床部長(現在に至る)

 日本の心臓外科医が年間に行う手術数の平均は、一人当たり33症例と言われている中、、新浪医師は年間300症例以上の手術をこなしています。そんな新浪医師のもとには、他の病院では手術が難しいといわれた患者が、最後の望みを託して数多く訪れています。

(sponsored link)

(病院で行われている治療)
 新浪医師が率いる埼玉医科大学国際医療センター心臓血管外科のセンターでは、主に成人の心臓血管疾患全般(末梢血管を含む)に対応しています。患者の低侵襲治療を目指しており、虚血性心疾患に対する単独冠動脈バイパス術の98%以上は人工心肺を使用しないオフポンプバイパスで行っています。
 また、カテーテル治療と外科手術の同時組み合わせ治療ができる最新のハイブリット手術室を完備しています。全国に先駆けてTAVI(経カテーテル大動脈弁留置術)を積極的に行っているほか、内科的治療では、血行動態を保つことができない重症心不全に対する補助人工心臓治療も積極的に行っています。

(治療に関する考え方・ポリシー)
 1日に多いときで4症例の手術を行う新浪医師は「“数”イコール“質”なんです。毎日手術をしていないと技術がさびついてしまう」と語っています。

(参考リンク)
 ・全国の心臓病の名医リスト一覧
 ・病名・地域から心臓病の有名病院を探す
 ・名医navi-Japan(心臓血管外科の名医)

(スポンサードリンク)


『ご留意事項』
・「スーパードクター.com」の情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に整形外科を選択される際には、
 慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

「スーパードクター.com」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

−スーパードクター.com−
COPYRIGHT (C):super-doctor.com. ALL RIGHTS RESERVED.