私が病気になったら、この名医・病院で診てもらいたい!

スーパードクター(日本の名医).com
presented by hossie
since 2009/11/1
トップへ      

性病治療の有名病院「中央医院(東京都渋谷区)」
 いざ自分自身や家族が病気になったら、「名医と言われているドクターに診てもらいたい」「有名で診療実績のある病院で治療を受けたい」と思われるのは、当然のことと思います。
 このページでは、性病の専門病院として有名な「中央医院(東京都渋谷区)」に関する情報を紹介しています。

 ※性病に関する更に詳しい情報をお探しの方は、こちらをご覧ください。
(スポンサードリンク)


性病専門クリニック「中央医院」の情報について
(院長のプロフィール)
剣木 文隆(けんのき ふみたか)氏
1979年日本医科大学泌尿器科大学院卒業
1984年性病新治療研究所設立
1988年泌尿器科専門医に認定
1990年性病専門クリニック中央医院院長
日本泌尿器科学会会員
日本性感染症学会会員

(実績その他)
 中央医院は、性病専門クリニックとして、20年余り性行為感染症のみの診療を行っています。性病は他の病気と同様に早期発見、早期治療が大切であり、また病気の再発を防ぎ、後遺症を残さない治療が必要であると訴えています。
 同病院の平成16年のデータでは、患者は、20代・30代が中心で、全体の7割以上を占めています。

(sponsored link)
 また、男女別で見ると、女性では、20代前半、20歳から24歳までの人が全体の半数以上を占めており、、続いて10代と20代後半の25歳から29歳までの人がそれぞれ2割弱というようになっており、女性全体のほぼ9割になります。
 男性では、もう少し年齢が上がって20代後半から30代にかけてがピークになっており、男性の6割ほどにあたります。
 興味深いのが、50歳以上の方が1割強を占めていることで、これは男性の20代前半、20から24歳の人たちと同じくらいの割合になります。
 ホームページ上で料金の案内も具体的になされています。

(扱っている主な性病・治療)
 淋菌性尿道炎、クラミジア性尿道炎、軟性下疳、性器ヘルペス、疥癬、淋菌性膣炎、カンジダ性膣炎
 非淋菌性尿道炎、梅毒、鼠径部リンパ肉芽腫、尖圭コンジローマ、毛ジラミ、クラミジア性膣炎
 トリコモナス膣炎、包茎、パイプカット、HIV(エイズ)検査

(受付時間)
 AM 8:30〜11:00  PM4:00〜8:00 
 休診日…木曜、土曜午後、日曜、祭日


(参考リンク)
 性病検査の有名・おすすめ病院と名医

(病院には行きたくないという方に)
 「仕事が忙しくて時間がない」「他人に知られるのがイヤ」「何度も病院に足を運ぶのは面倒」「保険証を使うのはイヤ」と行った方、また女性の場合は「診察台にあがるのに抵抗がある」などの理由で、病院でのHIV(エイズ)をはじめとした性病の検診をためらっている方には、こちらの郵送で出来る検査をお薦めします。
 性病で最も重要なのは、「早期発見」「早期治療」で、いかに早く病気を発見するかです。性病は、治療または、コントロールができます。もしも、心当たりや不安がある場合は早めに検診を受けることが大切です。
⇒ 【GME医学検査研究所】  

(スポンサードリンク)


『ご留意事項』
・「スーパードクター.com」の情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に整形外科を選択される際には、
 慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

「スーパードクター.com」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

−スーパードクター.com−
COPYRIGHT (C):super-doctor.com. ALL RIGHTS RESERVED.