私が病気になったら、この名医・病院で診てもらいたい!

スーパードクター(日本の名医).com
Last update 2013/12/22
presented by hossie
since 2009/11/1
トップへ      

脳梗塞治療のスーパードクター 内山真一郎先生
 いざ自分自身や家族が病気になったら、「名医と言われているドクターに診てもらいたい」「有名で診療実績のある病院で治療を受けたい」と思われるのは、当然のことと思います。
 このページでは、脳梗塞の治療において日本を代表する名医と言われている東京女子医科大学 内山真一郎先生」に関する情報を紹介しています。

 ※脳梗塞に関する更に詳しい情報をお探しの方は、こちらをご覧ください。
 (スポンサードリンク)


内山真一郎先生のプロフィール・実績等の紹介
(プロフィール)
1974年北海道大学医学部を卒業後、東京女子医科大学勤務
1981年アメリカのメイヨークリニックに留学
1995年東京女子医科大学助教授
2001年東京女子医科大学神経内科教授
専門は、脳卒中学、血栓止血学、臨床神経学
日本脳卒中学会理事
脳ドック学会会長、日本血栓止血学会理事

(実績その他)
 脳卒中の予防や啓発活動にも力を入れています。
 また大学病院での診療のみならず、脳卒中の予防のための啓発活動を精力的に行っています。
 2003年に脳梗塞に倒れた長嶋茂雄氏(読売ジャイアンツ終身名誉監督)の主治医としても知られており、その評判から診察に3ヵ月待ちと言われています。

(sponsored link)

(治療に関する考え方・ポリシー)
 〜(NHK健康ホームページより抜粋)〜
 脳の血管が詰まり、血流が途絶えると、その先の脳細胞は酸素不足となり、早くて数十分、遅くとも数時間以内に脳細胞の一部が死んでしまいます。
 死んでしまった部分を「こうそく部」と呼び、二度と再生させることはできません。
 こうそく部の周囲には、「ペナンブラ」と呼ばれる、血流が低下しているものの完全には死んでいない部分があります。
 ペナンブラも放置すれば、やがてこうそく部に取り込まれ、こうそく部が拡大します。
 そしてこうそく部が広がるほど、後遺症が重くなるのです。
 脳こうそくの治療においては、後遺症を軽減するという意味では、途絶えた血流をできるだけ早く再開し、ペナンブラを救う「急性期」の治療が最も重要になります。

(主な著書)
 これだけは知っておきたい脳梗塞の予防と治療
 脳卒中 

●脳血管疾患の原因となる"免疫力低下"を防ぐ物質を東京大学の研究グループが発見!
 脳卒中をはじめとした脳血管疾患の本質は脳内や動脈硬化、心臓疾患の問題だけではなく、全身的な血液の循環、配分、質の乱れが直接的な要因として挙げられます。また症状の根源には、その人自身の生命力や免 疫力の低下が背景に存在します。
 脳血管疾患の改善と予防には、その背景にある生命力と免疫力の低下を高め、全身の血液の循環、配分、質の乱れを元に戻す事が不可欠にな ります。
 こうした中、東京大学が企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質を発見しました。
 ブロッコリーから抽出したこの成分は、ブロリコと名づけられましたが、ブロリコの免疫活性効果は驚くほど高く、メカブフコイダンの約60倍、プロポリスにおいては1000倍以上の活性効果を示しています。いま大注目のブロリコはですが、その詳しい資料を請求することが出来ます。住所等の簡単な入力のみで、無料で資料が送られてきますので、免疫力のアップに興味のある方は、資料を請求してみてはいかがでしょうか。
 ⇒ ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから  

(参考情報)脳神経外科の名医による最新治療情報はこちら
(病名別ページ「名医の最新治療情報」への直接リンク)
脳腫瘍(グリオーマ) 脳動脈瘤(未破裂) 聴神経腫瘍 脳梗塞
脳内出血 くも膜下出血 成人成長ホルモン分泌不全 パーキンソン病
むずむず脚症候群 頭痛  

(参考リンク)
 ・脳神経外科の名医19人
 ・脳手術に強い病院ランキング(全国)
 ・脳卒中の有名・お薦め病院→ (北海道・東北)(関東)(関西)(中・四国)(中部・北陸・東海)(九州・沖縄
 ・名医navi-Japan(日本の脳神経外科の名医)  

(スポンサードリンク)


『ご留意事項』
・「スーパードクター.com」の情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に整形外科を選択される際には、
 慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

「スーパードクター.com」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。
※ドクターの紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりません。予めご承知置き下さい。

−スーパードクター.com−
COPYRIGHT (C):super-doctor.com. ALL RIGHTS RESERVED.