私が病気になったら、この名医・病院で診てもらいたい!

スーパードクター(日本の名医).com
Last update 2011/2/27
presented by hossie
since 2009/11/1
トップへ      

がん細胞が光る試薬を開発! 東大・米国のチーム
 いざ自分自身や家族が病気になったら、「名医と言われているドクターに診てもらいたい」「有名で診療実績のある病院で治療を受けたい」と思われるのは、当然のことと思います。
 このページでは、トピックスとして、がんに関する重要情報をご紹介いたします。
 がんに関連するサイトのご紹介もしていますので、併せてご活用ください。
(スポンサードリンク)


内視鏡手術での活用に効果を発揮!
東京大学の浦野泰照教授と米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆主任研究員は、スプレーするとがん細胞だけがが肉眼でわかるほど明るく光る試薬を開発しました。
 1ミリメートル程度の小さながんでも、スプレー後1分程度で光ります。
 その用途として注目されているのは、がんの摘出手術の際に使えば、取り残しを見つけて除去が出来るということです。
 東大・米国の共同チームでは、5年後の臨床応用を目指しています。
 この内容は、米国の科学誌「サイエンス・トランスレーショナル・メディシン(電子版)に11月24日に掲載されました。
 開発したのは、多くのがん細胞に存在するたんぱく質「GGT」にだけ反応して蛍光を発する標識試薬です。
 人のがん細胞を移植したマウスに注射し、がん細胞だけが緑色に光るのを確認しています。
 がん細胞は正常細胞の20倍の明るさで光り、肉眼で容易に見分けることが出来るようです。
 従来の試薬では、正常細胞も光ってしまうことが多く、がん細胞かどうかを判別するのが難しいとされていました。
 試薬成分には毒性はなく、投与量は人の場合でも1ミリグラム未満で済みます。
 1分以内に光るため、手術中にスプレーしてがん細胞の取り残しが無いか確認することが出来ます。
 浦野教授によれば、「ほぼ100%の確率でがんか分かる」としており、臨床応用に向けて、人に投与できる製造基準を満たす試薬の作製を進めています。
(sponsored link)
「抗がん漢方薬」の無料サンプルをお試しになりませんか?
(天仙液体験談)
抗がん漢方薬「天仙液」は、最新技術によって効果を高めて液体に改良、進化した抗がん漢方薬で、多くの肺がん患者の方が使用しています。
中国政府から医薬品の抗がん漢方薬として認可され、大学病院、医療機関の臨床研究高い評価を得ています。世界でのべ60万人以上が愛用、アメリカではFDA(米国食品医薬品局)において漢方サプリメントとして承認を受けています。
 希望者に無料サンプルを含むガン予防・治療!抗がん漢方薬の資料を無料でお送りしております。

    がん部位の蛍光検出画像

開腹手術時にプローブ試薬を散布するだけで、1分程度でがん部位が強く蛍光を発するようになるため、目視による微小がん部位の発見も可能です(卵巣がん腹膜播種モデルマウス)

  ●肺がんの名医   ●胃がんの名医 ●大腸がんの名医 ●舌がんの名医
  
  ●前立腺がんの名医
  
●乳がんの名医
  
●子宮がんの名医
 
●胆道がんの名医
  
  ●肝臓がんの名医
  
●抗がん剤治療の名医
  
●膀胱がんの名医
 
●卵巣がんの名医
 
  
  
●膵臓がんの名医
  
●腎臓がんの名医
  
●皮膚がんの名医

日本の臨床試験で94.1%の抗がん効果が証明された漢方薬
 最近世界中のがん患者から感謝の声が寄せられている抗がん漢方薬が注目を集めています。
 抗ガン漢方薬「天仙液」 という名称で知られていますが、「末期がんから生還した」「延命した」「西洋医学での治療の副作用が軽減された」といった声が多数寄せられているようです。
 その裏付けとして、日本の試験機関「新薬開発研究所」の臨床試験において、最大94.1%という高い抗がん効果が立証されており、日経新聞や朝日新聞などのマスコミやインターネット等で取り上げられています。

(スポンサードリンク)


『ご留意事項』
・「スーパードクター.com」の情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に整形外科を選択される際には、
 慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

「スーパードクター.com」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。
※ドクターの紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりません。予めご承知置き下さい。

−スーパードクター.com−
COPYRIGHT (C):super-doctor.com. ALL RIGHTS RESERVED.
受けたい名医が見つかる NAVERまとめ「名医リンク集」はこちらから