私が病気になったら、この名医・病院で診てもらいたい!

スーパードクター(日本の名医).com
Last update 2016/7/8
presented by hossie
since 2009/11/1
トップへ      

抗がん剤治療のスーパードクター 畠清彦先生
[new0131]当ページ下段で「体に負担のかからない新しい抗がん治療法」を紹介しています。
 いざ自分自身や家族が病気になったら、「名医と言われているドクターに診てもらいたい」「有名で診療実績のある病院で治療を受けたい」と思われるのは、当然のことと思います。
 このページでは、抗がん剤の治療において日本を代表する名医と言われている「癌研究会附属病院 畠清彦先生」に関する情報を紹介しています。

 ※抗がん剤に関する更に詳しい情報をお探しの方は、こちらをご覧ください。
(スポンサードリンク)


 

畠清彦先生のプロフィール・実績等の紹介
(プロフィール)
1978年自治医科大学卒業
福井県立病院研修医、自治医科大学助手を経て
1994年自治医科大学血液学助教授
2001年癌研究会附属病院化学療法科部長・癌化学療法センター臨床部部長を兼任
2005年癌研究会附属病院化学療法科・血液腫瘍科部長
新薬開発臨床センター長と外来治療センター長を兼任

(実績その他)
 畠清彦先生は、抗がん剤治療の名医として知られており、数々のマスメディアで紹介されたほか、研究発表等も多数行っています。
 がんは手術と抗がん剤、放射線が治療の柱ですが、これまでは手術が中心で、薬による化学療法も外科医が行うことが多く、内科医の影は薄いというのが実情でした。
 しかし今日では白血病や乳がんなど、薬で治癒が期待できるがんも増えました。
 また薬の種類も増え、投与法も経口薬や長時間の持続点滴など多様化しており、それらを組み合わせた、科学的根拠に基づく標準治療も次々と登場しています。
 畠先生が所属する癌研究会附属病院は、抗がん剤の外来治療では国内最大規模で、月に1000人単位の患者が治療を受けています。
 広々として、静かな音楽が流れる落ち着いた室内には、カーテンで仕切られたリクライニングシートが34席並んでおり、ゆったり座って点滴を受けながら、テレビを見たり雑誌を読んだり、あるいはソファで点滴の順番を待つ人の姿が見受けられます。
 いずれも副作用の激しい抗がん剤治療を受けている患者との印象は全くありません。
 外来治療が普及したのは、制吐剤や白血球減少を抑えるG―CSFなどで副作用の予防と軽減が可能になったことが大きいと言われています。
 同病院では高齢者や合併症がある人などを除き、化学療法は全員外来です。

(がん薬物療法専門医47人が所属する病院)
 日本臨床腫瘍学会が認定する「がん薬物療法専門医47人」が2005年4月に誕生しています。
人数 病院名
4人 東北大学医学部付属病院
2人 国立がんセンター東病院、国立がんセンター中央病院、癌研有明病院、
近畿大学医学部、兵庫県立成人病センター、岡山大学医学部付属病院、
国立病院機構山陽病院、国立病院機構九州がんセンター
1人 札幌医科大学、KKR斗南病院、埼玉医科大学病院、千葉大学病院、
都立駒込病院、武蔵野赤十字病院、横浜労災病院、県立静岡がんセンター、
県立がんセンター新潟病院、厚生連高岡病院、国立病院機構名古屋医療センター、
岐阜市民病院、大阪大大学院、大阪医大病院、大阪府立呼吸器アレルギー医療センター、
大阪市立総合医療センター、市立吹田市民病院、近畿大奈良病院、鳥取大病院、
岡山大保健環境センター、公立学校共済組合中国中央病院、市立広島市民病院、
広島赤十字・原爆病院、九州大学病院、福岡大学病院、国立病院機構長崎医療センター、
五島中央病院

●各種がんに対する抗腫瘍効果が報告されている抗がん漢方薬について
 近年多くのがん患者から感謝の声が寄せられている抗がん漢方薬があります。世界が認めた抗ガン漢方薬! として知られる「天仙液」という漢方薬ですが、「末期がんから生還した」「再発や転移なく7年間が経過した」「ステージVbの食道がんが完治した」といった声が多数寄せられているようです。
 その裏付けとして、日本の試験機関「新薬開発研究所」の臨床試験において、最大94.1%という高い抗がん効果が立証されており、日経新聞や朝日新聞などのマスコミやインターネット等で取り上げられています。他の西洋医薬やサプリメントとの併用も可能です。

●低下した免疫力を高める物質が東京大学の研究グループによって発見されました!
 最近、がんには、私たちの体に本来備わっている「がんと向き合う免疫力」を無力化する「免疫抑制」という働きがあることが分かって来ました。
 これに対し、免疫抑制を取り除くことで、私たちが本来持っている免疫の力が働き、治療効果が高まるという臨床研究の結果も得られるようになって来ました。つまり、免疫抑制を解除し、免疫力を高めることが、がんと闘ううえで非常に大切だと考えられているのです。
 こうした中、東京大学が企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質(成分)を発見しました。ブロッコリーから抽出したこの成分は、ブロリコと名づけられましたが、ブロリコの免疫活性効果は驚くほど高く、メカブフコイダンの約60倍、プロポリスにおいては1000倍以上の活性効果を示しています。
 いま大注目のブロリコですが、その詳しい資料を請求することが出来ます。住所等の簡単な入力のみで、無料で資料が送られてきますので、免疫力のアップに興味のある方は、資料を請求してみてはいかがでしょうか。
 ⇒ ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

●国立鹿児島大学と共同研究の結果生み出された「びわ茶葉」の抗がん性効果に注目!
 びわの葉にはアミグダリンという薬効成分が物質が含まれており、このアミグダリンが、ビタミンB17になります。ビタミンB17は、がんに画期的な効果があるとして、いま国際的に脚光を浴びています。ビタミンB17は、体温と共に暖められると浸透して、細胞の中にまで入っていき、炎症やがん細胞も治してしまうほどの力を発揮すると言われています。米国のがん専門医ジョン・A・リチャードソン博士は、「ビタミンB17はすべてのガンに100%近い制御率を示した」として、250例中、248例に効果があった臨床報告を発表し、医学界に大きな衝撃を与えました。
 日本では、末期がんに侵された元ボクシング世界チャンピオンの竹原慎二さんが、びわの茶を愛用していると自らのブログで公開しています。竹原さんの経過は良好で、この情報を知ってびわの葉茶を始めた方も多いようです。
 最近の研究で、鹿児島大学と健康に関する共有特許を取得した「びわの茶葉」が発売され、人気を博しています。世界オンリーワンの商品で、1ヶ月あたり1080円と値段が安いことも、支持されている理由の一つです。詳しくは、⇒  『ねじめびわ茶』  

(名医情報)がんの名医「メディアで紹介された予約殺到のスゴ腕ドクター」

(参考リンク)
 ・がんを薬で治す!「抗がん剤・分子標的薬治療の現状」
 ・がんの完治を目指して最新治療に挑む名医たち 
 ・ステージ4・ステージ3からのがん治療
 ・抗がん剤治療の名医と言われているドクター14人
 ・抗がん漢方薬の効果と使用の現状について
 ・抗がん剤の副作用対策に利用される方が増えています「フコイダン×1箱(4.8万円)」

(スポンサードリンク)


『ご留意事項』
・「スーパードクター.com」の情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に整形外科を選択される際には、
 慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

「スーパードクター.com」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。
※ドクターの紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりません。予めご承知置き下さい。

−スーパードクター.com−
COPYRIGHT (C):super-doctor.com. ALL RIGHTS RESERVED.