私が病気になったら、この名医・病院で診てもらいたい!

スーパードクター(日本の名医).com
presented by hossie
since 2009/11/1
トップへ      
受けたい名医が見つかる NAVERまとめ「名医リンク集」はこちらから 
痔で悩む方に朗報!痔の超名医 平田雅彦先生
 いざ自分自身や家族が病気になったら、「名医と言われているドクターに診てもらいたい」「有名で診療実績のある病院で治療を受けたい」と思われるのは、当然のことと思います。
 このページでは、痔の専門病院として有名な「平田肛門科医院 平田雅彦先生」に関する情報を紹介しています。

 ※痔対策に関する更に詳しい情報をお探しの方は、こちらをご覧ください。
(スポンサードリンク)


平田雅彦先生のプロフィール・実績等の紹介
(プロフィール)
1981年筑波大学医学専門学群卒業
1982年慶應義塾大学医学部外科学教室
1985年社会保険中央総合病院大腸肛門病センター
1987年平田肛門科医院3代目院長

(実績その他)
 痔は、虫歯に次ぐ、堂々2位の国民病で、日本人の成人の3人に1人は「自分は痔の気がある」と思っており、検診を行えば、約7割の人に痔が見つかると言われています。痔で悩んでいる方の中には「恥ずかしい」「すぐに手術をされるから嫌だ」といった理由で、なかなか医師の診察に足が向かないという方も少なからずいるようです。
 そうした方にもお奨めの超名医が、平田肛門科医院の平田雅彦先生です。
 平田先生は痔の名医としてつとに有名で、週刊朝日2009年度日本の名医で肛門科で唯一選ばれた他、2006年TBSテレビ「世界のスーパードクター」でも痔の専門医として取り上げられました。

(sponsored link)
 現在まで患者総数は18万人を越えており、国内トップクラスの実績を上げています。
 手術をしないで痔と共存できる道を探してくれる病院ですが、いざ手術となった場合でも、肛門をしめる筋肉(肛門括約筋)を全く傷つけない手術を行うため、後遺症がありません。
 手術は学会の指導医が原則として2人1チームで行い、医師の最高の集中力を発揮させるため、一日3例までとしています。

(治療に関する考え方・ポリシー)
 手術をしないことを目標にしています。
 現在の手術率は内痔核13%、外痔核2%、裂肛12.5%、で痔瘻は発癌の可能性があるため100%手術を行っています。
 手術の場合は通院手術は20%、入院手術は80%で、心身両面の生活指導で手術率を下げています。
 手術は原則としての指導医が2人1チームで1日3例までとしており、また大腸検査は電子内視鏡を使用し、全例内視鏡専門医が行っています。
 患者の65%以上が女性です。
〜平田肛門科医院ホームページより〜


(主な著書)
 ・痔新版

(スポンサードリンク)


『ご留意事項』
・「スーパードクター.com」の情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に整形外科を選択される際には、
 慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

「スーパードクター.com」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。
※ドクターの紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりません。予めご承知置き下さい。

−スーパードクター.com−
COPYRIGHT (C):super-doctor.com. ALL RIGHTS RESERVED.