私が病気になったら、この名医・病院で診てもらいたい!

スーパードクター(日本の名医).com
presented by hossie
since 2009/11/1
トップへ      
受けたい名医が見つかる NAVERまとめ「名医リンク集」はこちらから 
大動脈解離のゴッドハンド 南淵明宏先生
 いざ自分自身や家族が病気になったら、「名医と言われているドクターに診てもらいたい」「有名で診療実績のある病院で治療を受けたい」と思われるのは、当然のことと思います。
 このページでは、大動脈解離において日本を代表するゴッドハンドと言われている「大和成和病院院長 南淵明宏先生」に関する情報を紹介しています。

※大動脈解離に関する更に詳しい情報をお探しの方は、こちらをご覧ください。
(スポンサードリンク)


南淵明宏先生のプロフィール・実績等の紹介
(プロフィール)
1983年奈良県立医科大学医学部卒業
奈良県立医科大学第三外科(心臓血管外科)入局
オーストラリアのセント・ビンセント病院にて心臓血管外科修行
1991年シンガポール大学病院
1992年新東京病院・湘南鎌倉総合病院で勤務を経て
1996年9月大和成和病院に心臓病センターを開設
日本胸部外科学会認定医
日本外科学会認定医
日本循環器学会専門医、医学博士。

(実績その他)
 著書やマスコミへの出演も多く、日本で最も知名度の高い外科医の一人です。
 ブラックジャックによろしくに登場する心臓外科医北三郎のモデルになった人物とも言われています。

(sponsored link)
 2000年10月に国内有数の心臓治療ライブデモンストレーション(CCIC)で、約2000人の医師を前にオフポンプCABGを公開手術しました。
 週刊現代2000年8月6日号で「21世紀に活躍する日本の名医100人」に選ばれており、心拍動下冠状動脈バイパス手術のスペシャリストとして、年間200例以上執刀しています。
 最近は新聞、テレビなどの各メディアで、医療改革に向けての積極的な発言を続けています。
 2008年8月11日に放送されたテレビ東京系列「主治医が見つかる診療所」で紹介され、一層その名声が高まりました。

(治療に関する考え方・ポリシー)
 大和成和病院は、誰もが思い描く、ごく普通のありふれた病院であろうと考えます。
 一人一人のスタッフが、「普通なら患者さんはこんな気持ちだろう。こう思うだろう。こんな感じを受けるだろう。だからこうあるべきだ」と考えるところをそのまま実行し、また現実化している病院だという意味です。当院職員も一人ひとりが人間であり患者様も人間。「人間中心の医療」をモットーに展開している病院だとお考えください。
 今まで心臓外科医として、「現場の一職人」であり、「ただの人」、「普通の人」、であり続けることを座右の銘としてまいりましたが、院長としてもやはり「ごく普通の感性」を持った「ただの人」であり続けようとの新たな決意で臨んでおります。
 患者様、世間の皆様にはこれからも尚一層のご指導とご支援をお願い致します。
〜大和成和病院ホームページより抜粋〜

(主な著書)
 いい医者・いい病院の見分け方
 心臓外科医の挑戦状

(参考リンク)
 ・病名・地域から心臓病の有名病院を探す
 ・名医navi-Japan(心臓血管外科の名医)

(スポンサードリンク)


『ご留意事項』
・「スーパードクター.com」の情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に整形外科を選択される際には、
 慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

「スーパードクター.com」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。
※ドクターの紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりません。予めご承知置き下さい。

−スーパードクター.com−
COPYRIGHT (C):super-doctor.com. ALL RIGHTS RESERVED.